短納期を追求する冷間鍛造のパイオニア
弊社は難加工素材分野で先進の冷間鍛造ノウハウを確立、品質・経済性・短納期を追求する冷間鍛造のパイオニア
4つの挑戦
難加工素材分野で先進の冷間鍛造ノウハウを確立
品質・経済性・短納期を追及する冷間鍛造のパイオニア
精密冷間鍛造部品を1,000個から製造する小倉鉄工の4つの挑戦

1922年の創業以来、自転車、自動車、建築、建機、電力、製鉄、防災関連など、
さまざまな産業分野に冷間鍛造部品を供給してきた小倉鉄工は 常に「挑戦」を続けています。
難加工素材への挑戦
クロム銅、リン青銅、SUJ2、チタン合金、SuS304・SuS403・XM7など、
冷間鍛造では加工が難しいとされる素材分野で多くの実績を誇ります。

クロム銅、リン青銅、SUJ2、チタン合金、SuS304・SuS403・XM7
短納期への挑戦
出図から最短2週間で量産化を開始します。
金型
ネットシェイプへの挑戦
後加工が不要で短納期に直結するネットシェイプに積極的に取り組み、
内外径公差±0.01、長手方向公差±0.1を実現。
ネットシェイプへの挑戦製品例
複合加工への挑戦
ボルトフォーマーと冷間鍛造を組み合わせた長物、異型物、ギヤ物などの
複合加工にも意欲的に取り組んでいます。
ボルトフォーマーと冷間鍛造を組み合わせた長物、異型物、ギヤ物
4つの挑戦会社理念会社概要製品のご案内アクセスお問い合わせプライバシーポリシーについて

Copyright (c) 2006 Ogura Tekko Co., Ltd. All Rights Reserved.